年末年始の運動不足は解消できるか。リングフィットアドベンチャーレビュー

ゲームが趣味だとどうしても運動不足になります。運動しなくては。と思っていても外に出るのが面倒だったり、ジムに行くにも着替えやタオル、靴など持ち物がたくさん。どちらかというとやりたくないことをやるには、超えなければいけない壁が多すぎます。壁を乗り越えるのではなく、ゲームをしながら楽しく手軽に運動できるといいよね。ということで、久しぶりにSwitchの新作『リングフィットアドベンチャー』を購入。数日間プレイした感想をまとめます。

リングコントローラーの楽しさ

リングコントローラー自体の操作は左右に押し込むか、引っ張るかの2種類ですが、その操作に応じてキャラクターが様々なアクションを実行します。ジャイロセンサーも入っているので上に上げたり傾けたりという位置や傾きも検知可能でアクションになります。下に向けて押し込み空気を出すことでジャンプしたり、左右に引っ張ってコインを吸い込むなど軽快なアクションで爽快感があります。

任天堂はハードを作っているだけあって、体感を伴うゲームデザインが本当にうまいと感じます。コントローラーが本体から分離する機構や、分離したコントローラー側へ高性能なジャイロセンサーを積んでおくあたり、本体の開発時点でこのゲームの企画も同時に進行していたんでしょうか。

ちゃんとしんどい運動負荷とゲームボリューム

アドベンチャーモードの1ステージは5分~10分程度で終わります。運動負荷にもよりますが、10分でも結構筋肉がプルプルします。(運動負荷は設定で変更可)上腕や太腿の筋肉をよく使うので特定の筋肉にしっかり負荷がかかっているのを感じます。1ワールド内に3~5ステージ程度があり、全部で20ワールド以上あるので、毎日1ステージ遊んでも2ヶ月以上遊べるボリュームがありそうです。

運動時にどこの筋肉に負荷がかかるのか図示されるので、使う筋肉を意識できるのもわかりやすいです。

みんなで競うミニゲームも楽しい

上記のアドベンチャーモードに加えて、スコアを競うミニゲームも楽しいです。リアル友達同士で交互にやって競ってもよいし、スイッチのフレンドと記録を競うのも楽しいです。世界ランクで自分の実力を把握できるのも繰り返しやるモチベーションになります。

リングフィットアドベンチャーって家族でできる?

1台のスイッチとソフト1本で、アカウント作成して交代でプレイ可能です。

リングフィットアドベンチャーって痩せる?

毎日定期的にプレイしていれば痩せるレベルで負荷がかかります。30分もプレイしていると息は切れるし汗もかきます。年末年始や日頃の運動不足は十分に解消可能だと思います。(ちゃんとやれば)翌日筋肉痛になることもあるので、体が締まっていく感じでしょうか。有酸素運動というよりは筋トレ色が強いので、筋肉量が増え基礎代謝があがり太りにくくなる。という印象です。有酸素運動をもう少し取り入れると効率的に痩せそうなので、Fit Boxing (フィットボクシング) -Switchと組み合わせるとさらによさそうです。

リングフィットアドベンチャー基本情報

発売日:2019年10月18日
定価:‎8,778円(税込)
ジャンル:フィットネスアドベンチャー

2020年1月現在全国的に品薄が続いており、amazonでは定価以上の価格で販売されているようです。購入される場合はご注意ください。ヨドバシビックカメラなどでは時々予約販売をしているようなので在庫状況を定期的にチェックすると手に入りやすいかもしれません。

リングフィット アドベンチャー -Switch
任天堂 (2019-10-18)
売り上げランキング: 3