IMG_0043

MacBook Pro(2016)でMac版FF14をプレイできるのか

MacBook Pro (15-inch, 2016)で、Mac版のFF14をプレイしてみた。Windowsのようにベンチマークが存在しないので、実際どの程度快適に遊べるものなのか、ざっくりと所感をまとめてみる。

■MacBook Pro (15-inch, 2016)スペック
※動作環境では対象となっているモデル
・CPU:2.6GHzクアッドコアIntel Core i7
・メモリ:16GB 2,133MHz LPDDR3オンボードメモリ
・グラフィック:
Radeon Pro 450(2GB GDDR5メモリとグラフィックス自動切替機能を搭載)
Intel HD Graphics 530
・ストレージ:256GB
・重量:1.83 kg

推奨プリセット(Standard(Mac))なら問題なく遊べる

PS4のコントローラーをUSBに接続すると、すぐに認証し使い始めることができ、インストール後は難しい設定なしに遊びはじめることが可能。高品質以上の設定ではフレームレートが著しく低下してしまうが、推奨プリセットなら問題なくプレイが可能だった。フレームレートも60前後で安定する。

WindowsやPS4と比較すると劣る

標準クオリティであれば、問題なく遊べるが、Windowsで高性能なGPUを積載したマシンやPS4と比べるとカクカクした挙動やもたつきが出るという印象。ロード時間もSSDにインストールしている割に長めだ。

メリットとしては、ファンの音が音がしないことはあげられる。長時間のプレイ時の発熱量が気になるところだが、ファンノイズを気にせずプレイに集中できる。もうひとつのメリットは、携帯性。15インチというノート型としては大きなディスプレイサイズながら、1.83Kgという軽さなので、移動が多い人が選択する環境としてはアリだと感じた。実際私が普段利用しているのは15インチモデルのAlienwareで、持ち運びも考えて購入したが、3.5Kgというウエイトを持ち運ぶには相当の気合が必要だということがわかった。(実際1年間で持ち運んだのは2〜3回)

まとめ。Mac版を選択すべき人

以上ざっと試遊してみて、Mac版を選択すべき人は以下

・メインの環境がMacでFFをプレイしてみたい人(PS4も高性能なWindows機もない人)
・移動が多い人
・高難度のコンテンツはあまりプレイしない人

これまでに私が触ったことのあるプレイ環境を快適にプレイできる順に並べると

Windowsの高性能グラボ(GTX-1060以上)積載モデル > PS4 > Mac > PS4 Remote > PS Vita の順になる。Windows環境を100とするとPS4が75、Macが60というところ。PS4のリモートよりは安定するが、PS4以下は間違いないので、今Macしか持ってない人は、Mac版ではなくPS4を買ったほうが幸せになれそうだ。ただMacBook Proもグラフィックボードが4GBになる(Radeon Pro 460やRadeon Pro 560)端末であれば、もっと快適なプレイも可能になりそうだ。

k14
学生のころは、かなりヘビーなゲーマーでした。現在はめっきりライトゲーマーです。マニアックな攻略はできなくても、まったり楽しみながらゲームをしています。将来の夢は快適なゲーム部屋を作ることです。 FFXIVは、Ifritサーバーでまったりプレイしています。(キャラ名:Dai Monosugooooi)メインは召喚士です。ゲーム内で見かけましたらよろしくおねがいします。Twitterでエオルゼアでの日々をつぶやいています。