title_ff15

FFXVを終えて。


発売日の深夜0:00にプレイを開始したFFXV。先日、ひとまずエンディングを迎えた。最初は戸惑った部分もあったけれど、結果的に楽しんでクリアまでプレイできた。

プレイしながら一番感じていたのは、ひとつの作品としてよくまとまったなということ。こう書くと、なんだかとても上から目線で失礼な言い方だけれど、日本のRPGの草分けにして代表作であるファイナルファンタジーという冠をかぶった本作を、まとめあげる労力は凄まじいものがあっただろうな。と想像する。

ff15_2

伝統を丁寧に積み上げていくドラゴンクエストというもう一片の草分けに対して、近年のファイナルファンタジーは(共通フレームが一部存在するけれど)毎回新しいゲームシステムを採用してくる。この新しい挑戦のハードル、そして様々な関係者が、様々な想いをもっているファイナルファンタジーとはへの回答というハードル。

この2つのハードルを高いレベルで越えたのかなというのが率直な感想だ。

登場する4人のキャラクターには他のどのFFよりも人格や嗜好が備わっていて感情移入ができたし、アクション要素の強い戦闘もなれてくるととても楽しい。なにより冒険する世界の作り込みのレベルは驚きの連続だった。新しい街にいくたびに、人間の想像力はすごいな…と思わされた。(街の数は少なかったけど)

ff15_4

もちろん、それはどうなのかな…。と思ったこともある。

例えば、やっぱりバグは多すぎた。キャラクターに絡む笑えるものもあったけれど、ストーリー上重要な局面でバグが発生して、ひとつのシーンが台無しになったときは興ざめだった。ネット上の反応を鑑みると、バグの頻度はテストプレイでも絶対に発見できるレベルだと思われる。それから世界もちょっと広すぎたかなという印象。殆どのエリアは車で素通りするだけ。オープンワールドへの切り替えは悪くなかったと思うけれど、広さそれからロード時間の長さは気になるレベルだった。

それから、発売後にいくつか改善のマイルストンが発表された。改善自体は悪いことではないけれど、これも残念だった。オフラインのRPGは1回のクリアで多くの人がプレイを終えると考えると、これから特定の章のプレイ体験を向上させる対応は今更感が否めない。1年後にプレイした方がプレイ体験の質があがるなら、発売が1年後でも全然問題がなかった。

ff15_3

と不満を上げればきりがないけれど、これは私にもFFとはこういうものだ。という想いがあるからで、冒頭でも書いたとおり個人的には十分に楽しかった。強くてニューゲームや、新しいDLCも引き続き遊んでみようと思う。それでもこんなのFFじゃない。もっとファンタジー要素が…と感じた人は敬遠せずに、同じPS4というプラットフォームで遊べるファイナルファンタジー14をプレイしてみればいいんじゃないかな。

プレイヤーとコミュニケーションを重ねながら開発が続いているFF14はオフラインのRPGとは全く違った楽しみがある。

ファイナルファンタジーXIV オンライン
スクウェア・エニックス (2015-06-23)
売り上げランキング: 56
k14
学生のころは、かなりヘビーなゲーマーでした。現在はめっきりライトゲーマーです。マニアックな攻略はできなくても、まったり楽しみながらゲームをしています。将来の夢は快適なゲーム部屋を作ることです。

FFXIVは、Ifritサーバーでまったりプレイしています。(キャラ名:Dai Monosugooooi)メインは召喚士です。ゲーム内で見かけましたらよろしくおねがいします。Twitterでエオルゼアでの日々をつぶやいています。