IMG_2933_s

さらなる景色を求めて。ゲーム用自作PC作り

もっと快適な環境でFFを遊びたい…

2016年末、より快適にFFXIVを遊ぶために、AlienwareのノートPCを購入しました。PS4からのステップアップとして選んだスペックは、Core i7 6700HQ(第6世代,Skylake,4コア8スレッド)、GTX1070 8GB、M.2 SSD 512GB。ベンチマークスコアはフルHD最高品質で11000、平均FPSも80と、FFXIVのプレイには理想的なスペックでした。場所に依存もしないため、友人のヒカセン宅でFF14を一緒に楽しんだり、大いに活躍してくれています。

でも。ひとつだけ諦めていたのが、4K最高品質でのプレイ環境でした。Alienwareでも標準品質であれば遊ぶことができましたが、手持ちの4Kモニタのスペックを活かしきるべく、ずっとやってみたかった新しいPCの自作に挑戦してみることにしました。

雑誌やメディアで様々なスペックを比較し、必要なスペックを以下に設定。

  • CPU:Core i7 8700K以上
  • メモリ:16GB
  • ストレージ︰M.2 SSD 500GB以上
  • グラフィックボード:GTX1080Ti以上

この構成であれば4K最高品質でも平均FPSが60前後でます。

パーツの検討を開始したのが2018年の6月頃。概ね25万円前後で組み上がりそうだなと思いつつしばらくペンディングにしていたら、RTXの20シリーズや第9世代の8コア16スレッドのCPUなど、どんどん新しいパーツが出てきて迷いましたが、最終的に組んだ構成は以下。

PCのパーツ構成

  • CPU:Core i7 9900K
  • メモリ:16GB
  • ストレージ︰M.2 SSD 500GB
  • グラフィックボード:GTX1080Ti
  • 電源:750W
  • CPUクーラー:水冷CPUクーラー
  • マザーボード:Z390

実際に購入したパーツ

parts

■CPU:Core i7 9900K 購入時の価格:¥66,440

■メモリ:CORSAIR DDR4-2666MHz CMK16GX4M2A2666C16  購入時の価格:¥17,000

■ストレージ:Samsung SSD 500GB 970 EVO  購入時の価格:¥19,380

■マザーボード:ROG STRIX Z390-F GAMING 購入時の価格:¥28,680

■グラフィックカード:GIGABYTE GEFORCE GTX 1080Ti GV-N108TGAMING OC-11GD 購入時の価格:¥79,800

GIGABYTE ビデオカード GEFORCE GTX 1080Ti搭載 GV-N108TGAMING OC-11GD
日本ギガバイト (2017-03-31)
売り上げランキング: 14,888

■CPUクーラー:Corsair H100i Pro 購入時の価格:¥17,932

■PCケース:BitFenix ENSO White 購入時の価格:¥11,279

BitFenix ENSO White ATX対応PCケース
BitFenix (2018-02-02)
売り上げランキング: 25,219

■電源:Corsair RM750x 750W 購入時の価格:¥14,342

Corsair RM750x -2018-750W PC電源ユニット[80PLUS GOLD] PS794 CP-9020179-JP
Corsair (2018-04-14)
売り上げランキング: 4,151

今回パーツは、Amazon、ビックカメラ、ツクモと複数箇所で調達しました。グラフィックボードはAmazonでは在庫がなかったり、高かったりしましたが、秋葉原のツクモが品揃え、価格とも圧倒的でした。FFXIV目的に組むなら今は1080Tiがベストですよ。と店員さんからアドバイスをいただけたり、動かなかったメモリの交換対応など非常に頼もしかったです。

実際に組んでみて

おそらく、同じ程度のスペックであればBTOメーカーで購入してもさほど値段は変わりません。各社自作PCに対抗できる価格帯で出してきているのを改めて感じました。それでも組んでみたのは、見た目とスペックを自由に組み合わせられたから。

パーツごとに価格やスペックで悩むので、検討期間が長くなりがちだし、完全に自己責任にはなりますが、自分好みのPCを組み上げられるのは悩んでる時間も含めて楽しいです。

はじめて自作に挑戦しましたが、Youtubeで自作の様子を紹介した動画やパーツ付属のマニュアルを読みながらなんとか動かすことができています。

紅蓮のリベレーター ベンチマーク結果

4K(3840×2160)最高品質

4K_Final-Fantasy-XIV--A-Realm-Reborn-Screenshot-2018.12.02---11.11.53.38_1200

スコア:8,874 非常に快適
平均フレームレート:59.050

これまでの端末に比べて、スコアは1.77倍平均フレームレートは1.76倍となりました。

Full HD 最高品質

FHD_Final-Fantasy-XIV--A-Realm-Reborn-Screenshot-2018.12.02---11.21.26.91_1200

スコア:19,268 とても快適
平均フレームレート:137.448

これまでの端末に比べて、スコアは1.66倍平均フレームレートは、1.68倍となりました。

参考値:ノートPC版のGTX1070の値
Dell NEW ALIENWARE R3(GeForce GTX 1070)でファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター ベンチマークをやってみた

4K
スコア:5,013 とても快適
平均フレームレート:33.409

Full HD
スコア:11,563 非常に快適
平均フレームレート:81.544

Full HD環境で遊ぼうと思うとオーバースペックな値が出ています。(平均FPS137も出てもモニタが対応してない)。実際数値の伸びは4K環境のほうがわずかにですが上回っています。

実際に4K環境でプレイしていて、FPSの向上は目に見えてわかるレベルで、長時間プレイしたときの疲労感が減少しました。(というかGTX1070では最高品質ではカクツキが出ていて快適とは言い難い状態でした)

ハイスペックなグラフィックボードの主流は今後RTXシリーズにシフトしていくと思うので、このタイミングで1080ti世代を購入することに迷いがなかったといえば嘘になります。ただ現時点では価格が高すぎること、そして目玉の一つであるレイトレーシングにFF側が対応していないこともあり今回は見送りました。でも仮に次のメジャーパッチで対応が発表されたらその時は検討してみよう。パーツの入れ替えに対応しやすいのも自作PCの強みということで!

k14
学生のころは、かなりヘビーなゲーマーでした。現在はめっきりライトゲーマーです。マニアックな攻略はできなくても、まったり楽しみながらゲームをしています。将来の夢は快適なゲーム部屋を作ることです。 FFXIVは、Ifritサーバーでまったりプレイしています。(キャラ名:Dai Monosugooooi)メインは召喚士です。ゲーム内で見かけましたらよろしくおねがいします。Twitterでエオルゼアでの日々をつぶやいています。